高血圧とは無縁の体に|知っておきたい重要ポイント

高血圧予防4つのポイント

男女

高血圧を予防するには、4つのポイントを押さえた食事の見直しが最も効果的です。このポイントの内容とそれによって得られる効果を理解し、日常に支障をきたす高血圧を予防しましょう。

もっと見る

低塩分で高タンパク質

ごはん

病食の基本は低塩分で高タンパク質な料理です。それを意識して作った料理こそ理想的な病食と言えます。麺類、特にそばやうどんは病食としてよく利用されるメニューです。作りやすく、かつ食欲もそそる料理だからです。

もっと見る

塩分を控える

家族

普段の生活の中で塩分を取り過ぎてしまうと、高血圧状態に陥ってしまう恐れがあります。もしそうなってしまったら、今までとは逆に塩分を極力取らない食生活を送らなければなりません。

もっと見る

血圧上昇に注意

和食

高血圧とは、その名の通り血圧が高くなりその状態が常態化してしまうことを言います。厄介なのは、自覚症状が無いということです。そのため、健康診断や人間ドックを受けて初めて気付く、というケースがほとんどです。現在日本国内において、30~40代の約半数が高血圧であると言われています。では高血圧をそのまま放置していると、どのようなリスクが発生するのでしょうか。まず、動脈硬化を起こす可能性が一気に高くなります。動脈硬化になってしまうと、そこからさらに脳梗塞や狭心症、心筋梗塞に繋がる恐れがあります。最も怖いのは大動脈の破裂によるクモ膜下出血です。クモ膜下出血を起こすと、命の安否に関わります。高血圧はそれほど怖いものなのです。

高血圧に悩んでいる方の中には、「食生活を改善したいけど、具体的にどのようにすればよいか分からない」という方もいます。食生活で意識すべきポイントとして塩分を控えるのは当たり前ですが、料理に血圧を下げる栄養素(食材)を入れるようにしましょう。タンパク質やカリウム、カルシウムなどがその代表的な例です。特にタンパク質は重要な栄養素なので、積極的に食事に織り交ぜるようにしましょう。動脈硬化によってボロボロになった血管を修復してくれる働きをしてくれる上に、血液や筋肉などの生成をしてくれます。カリウムやカルシウムにも、高血圧の予防や改善に効果をうながす良い効果が備わっています。これらの成分を積極的に摂取し、高血圧と無縁の体を手に入れましょう。